「仙台教区サポートセンター」は、東日本大震災被災地域の復興支援活動のため、カリタスジャパンの支援を受け、カトリック仙台司教区によって設置されました。支援対象は教会や信徒に限定せず、社会全体を対象としています。

映画「願いと揺らぎ」我妻監督が来訪!

宮城県南三陸町の波伝谷(はでんや)地区で撮影されたドキュメンタリー映画「願いと揺らぎ」が、4月28日(土)から、仙台で上映されます。

プロモーション活動でお忙しく飛び回っていらっしゃる我妻和樹監督が、サポートセンターにお越しくださいました!

 

 

 我妻監督は宮城県白石市のご出身。東北学院大学在学中の2005年に、民俗調査のために波伝谷を初めて訪れて以来13年、この集落に関わり続けていらっしゃいます。前作「波伝谷に生きる人びと」(2014年)には震災前の集落の日常が記録されています。

 

「願いと揺らぎ」は震災から1年後の波伝谷が舞台です。

津波で壊滅的な被害を受けた集落で、ある若者の一声で、毎年春に行われてきた悪魔祓いの行事「お獅子さま」を復活しようという機運が高まります。

しかし、波伝谷を離れて暮らしている人、家族を失った人など、さまざまな立場の人がお獅子さま復活に想いを寄せる一方で、集落の高台移転、漁業の共同化など、多くの課題に直面して足並みは一向に揃いません。摩擦や衝突を重ね、お獅子さまは復活します。

それからさらに時は流れ、仮設住宅から高台へと居を構え、波伝谷で生きることを決意した若者は、改めて当時の地域の混乱と葛藤を振り返ることになります。

 

波伝谷はカリタス南三陸ベース(旧:米川ベース)の活動で関わりのある地域で、「お獅子さま」復活のために、カリタスジャパンからも支援をしました。

「支援を受ける側の人たちの葛藤も映しているので、カリタスさんたち支援する側とすれば、ハラハラするかもしれません」と監督。「でも、ハッピーエンドですから安心して見てください」とのことです。

 

すでに東京での上映が終わり、ご覧になった方からは「古くからの伝統を大事にしている波伝谷の暮らしにあこがれる」という声があったそうです。

「良いことばかりでなく、わずらわしいこともたくさんある古い集落で、それでもそこで生きていくこと、土地とともに生きるとはどういうことか、というのがテーマになっています」と監督はおっしゃっていました。

 

仙台では、4月28日(土)〜5月11日(金)、13時から仙台セントラルホールで上映されます。

毎日、我妻監督の舞台挨拶とゲストトークがあるということです。

また、前作「波伝谷に生きる人びと」のリバイバル上映が4月21日(土)〜4月27日(金)14時40分から、同じ映画館で行われます。

仙台の後は、横浜での上映が決まっているということです。

 

ボランティアで波伝谷を訪れたことがある方もそうでない方も、ぜひご覧になってはいかがでしょうか。

お忙しい中、お話を聞かせてくださった我妻監督、どうもありがとうございました!

 

 

「願いと揺らぎ」公式サイト

 

 


南三陸町を舞台にした映画が公開されています

いつもご支援ありがとうございます。

 

米川ベースが活動している南三陸町の波伝谷(はでんや)を舞台にしたドキュメンタリー映画「願いと揺らぎ」(監督・撮影・編集 我妻和樹)が公開されています。

米川ベースの活動で普段関わっている方々もたくさん出ているそうです。

これまでに波伝谷を訪れたことがあるボランティアさんに、ぜひご覧いただきたいということでご案内させていただきます。

 

 

〜「願いと揺らぎ」公式サイトより〜
震災が生んだひずみを乗り越え、

土地とともに生きていく。

2005年から続く12年の記録が実を結んだ

​震災映画の大いなる到達点。


宮城県南三陸町の小さな漁村「波伝谷」(はでんや)。その震災までの3年間の日常を追ったドキュメンタリー映画『波伝谷に生きる人びと』から1年後が舞台の本作では、映画の冒頭、荒涼とした波伝谷の風景が映し出される。

津波によって集落が壊滅し、コミュニティが分断された波伝谷では、ある若者の一声から地域で最も大切にされてきた行事である「お獅子さま」復活の気運が高まる。それは先行きの見えない生活の中で、人びとの心を結びつける希望となるはずだった。

​ しかし波伝谷を離れて暮らしている人、家族を津波で失った人、さまざまな立場の人がお獅子さま復活に想いを寄せる一方で、集落の高台移転、漁業の共同化など、多くの課題に直面して足並みは一向に揃わない。震災によって生じたひずみは大きく、動けば動くほど想いはすれ違い、何が正解なのかも分からぬまま、摩擦や衝突を重ねお獅子さまは復活する。

それからさらに時は流れ、仮設住宅から高台へと居を構え、波伝谷で生きることを決意した若者は、改めて当日の地域の混乱と葛藤を振り返ることになる。

​ 学生時代に民俗調査で波伝谷を訪れ、2005年からお獅子さまを撮り続けてきた監督が、ともに迷い、もがきながら、それでも復興に向けて歩み続けた人びとの「願いと揺らぎ」を鮮烈に映し出したドキュメンタリー。

 

「願いと揺らぎ」公式サイト

https://negaitoyuragi.wixsite.com/peacetree

***

 

現在は東京で、さらに全国で順次公開ということです。

東日本大震災から間もなく7年という時期、お近くの方はぜひご覧になってはいかがでしょうか。

 


3.11東日本大震災 犠牲者追悼・復興祈願ミサ

いつもご支援ありがとうございます。

冷たい空気の中にも、日差しの暖かさが日増しに感じられるようになってきました。

 

間もなく、東日本大震災から7年を迎えます。

今年も、カトリック仙台司教区では震災発生時刻に合わせて、犠牲者追悼と復興を祈願するミサを行います。

多くの方にご参加いただければと思います。

 

カトリック仙台司教区 3.11東日本大震災 犠牲者追悼・復興祈願ミサ

日時:2018年3月11日(日) 午後2時30分〜

場所:仙台教区カテドラル 元寺小路教会大聖堂

 

主司式:仙台教区司教 平賀徹夫

説教:東京教区補佐司教 幸田和生

 

問い合わせ:仙台教区サポートセンター 022-797-6643

 

 

 


石巻ベース2月活動分ボランティア受付中

いつもご支援ありがとうございます。

 

12月16日より、石巻ベース2018年2月活動分のボランティア受付を開始しています。

1月分の申し込みも引き続き受け付けています。

1月は10日(水)到着から受け入れ可能です。

 

今年は厳しい寒さになる…という予報が出ていましたが、これまでのところあまり極端な寒さではないように感じます。

しかし宮城県の本格的な雪のシーズンは年明け。

ボランティアをお考えの方は、どうぞ温かくしてお越しください。

 

 

 


メキシコ地震被災地支援のための募金受付開始

メキシコ南部で、9月8日に発生したマグニチュード8.1の地震、また同中部で9月20日に発生したマグニチュード7.1の地震により、大変大きな被害が出ています。9月21日現在、250人以上の死亡が確認され、今もがれきの下に多くの人が取り残されていると言われています。

 

現地では、カリタスメキシコが緊急救援活動を開始しており、まずは地震により生活の糧を失った人々の為に、食糧、飲み水、衛生用品などの提供、シェルターの確保などを行っています。

 

カリタスジャパンでは、カリタスメキシコの救援活動に協力し支援を行っていくため、募金を受け付けることになりました。

お寄せいただいた募金は、カリタスメキシコへ支援金として送金する予定だということです。

 

募金受付口座は次の通りです。

 

郵便振替番号:00170−5−95979

加入者名:カリタスジャパン

*通信欄に「メキシコ地震」と明記してください。

 

 


サポートセンター夏季休業のお知らせ

いつもご支援ありがとうございます。

 

東北地方はやっと梅雨明けしたものの、台風の影響もありすっきりしないお天気が続いています。

仙台では8月6日から8日まで仙台七夕まつりが開かれました。

初日が広島の原爆の日に重なっていることにちなみ、核兵器のない平和な世界を願って(2011年からは震災被災地の復興祈願も込められています)、41年前から「平和七夕」が飾られています。折鶴だけで作られた吹き流しです。石巻ベースとサポセンからも、折鶴をお届けしました。

 

お祭りの3日間ともお天気が悪かったのですが、それでもたくさんの方が足を止めていました。

 

吹き流し1基につき、3万6千羽の折鶴が使われています。

吹き流しは5基、全部で18万羽! このほか、折鶴で作ったレイ(首飾り)も配られました。

 

平和への祈りが届きますように。

 

 

仙台教区サポートセンターと石巻ベースは、明日8月11日(金・祝)〜8月15日(火)まで夏季休業とさせていただきます。

この間にいただきましたメール、FAXにつきましては8月16日(水)以降の対応とさせていただきます。どうぞご了承ください。

16日からは、石巻ベース10月活動分のボランティア受付を開始します。

9月以降は仮設住宅でのお茶会が少なくなり、オープンスペースでの活動が中心になります。地域の皆さんと一緒に過ごしてくださる方、お申し込みをお待ちしています。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 


祝日の休業のお知らせ

いつもご支援ありがとうございます。


仙台教区サポートセンターでは、下記の日程でお休みをいただきます。


◆5月3日(水)〜5日(金)


メール、FAXへの対応は6日以降とさせていただきますのでどうぞご了承ください。


今後、原則的に祝日はお休みとなります。


どうぞよろしくお願いいたします。


石巻ベース6月活動分ボランティア受付中

主のご復活おめでとうございます!たまご花

 

仙台教区サポートセンターでは、石巻ベース6月活動分のボランティア受付を4月16日(日)より開始しました。

5月活動分も引き続き受付中です。

(祝日は活動がお休みですのでご注意ください。)

 

石巻ベースでのボランティアお申し込みはこちらから!

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 


石巻ベース祝日の活動について

いつもご支援ありがとうございます。

 

宮城県もここ数日暖かい日が続き、仙台市中心部の日当たりの良いところでは桜が咲き始めましたさくら

春本番、外を歩くのが楽しい季節ですね。

 

さて、石巻ベースでボランティア活動をお考えの方にお知らせです。

これまで、定休日の日曜日以外は活動を行ってきましたが、このところのオープンスペースの利用状況などから、今月より祝日は活動をお休みすることにいたしました。

ゴールデンウィークの4月29日(土)、5月3日(水)〜5日(金)はお休みになります。

ふだんお仕事をしていらっしゃる方は活動にご参加しにくい状況になってしまうかと思いますが、どうぞご了承いただきますようお願いいたします。

 

石巻ベースは新年度も元気に活動を続けています。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 


東日本大震災からまもなく6年

いつもご支援ありがとうございます。

 

間もなく震災から丸6年を迎えます。

3月11日前後には、仙台教区内外でミサや様々な企画が予定されています。

今年は3月11日が土曜日にあたっています。ぜひ多くの方に、ひと時でも東日本大震災の被災地に思いを寄せていただけたらと思います。

 

●仙台教区「3.11東日本大震災 追悼・復興祈願ミサ」

3月11日14:30〜 仙台教区カテドラルカトリック元寺小路教会大聖堂

司式:平賀徹夫仙台司教

ミサの中で、現在、石巻ベースと宮古ベースでの支援活動を支えてくださっている方々からお話をいただきます。

 

●「いのちの光3.15フクシマ」

々岷蕾

3月12日13:30〜16:00 講師:馬奈木厳太郎氏 会場:カトリック郡山教会

▲潺

3月15日13:30〜16:00 司式:仙台教区長 平賀徹夫司教 現地の声:片平芳夫氏 会場:カトリック原町教会

主催:「いのちの光3.15フクシマ」実行委員会

 

●東京教区「思いつづける3.11」復興祈念ミサ

3月11日14:30〜16:30 カトリック東京カテドラル関口教会 聖マリア大聖堂

主司式:岡田武夫東京教区大司教

 

●さいたま教区「追悼・祈念ミサ」

3月11日13:00〜 カトリック高崎教会

主司式:鈴木國弘神父 説教:グェン・ゴン・ホアン神父

 

 

 

昨年3月11日カトリック元寺小路教会での追悼ミサ

 

 

 




ボランティアについては
こちらをご覧下さい。


photo_g.jpg

リンク

ニュースレター

復興・支援活動ニュースレターこちら

お問い合わせ

仙台教区サポートセンター
センターへのアクセス
9:00から17:00まで
電話番号:022-797-6643; 090-1217-3233
FAX番号:022-797-6648
※ボランティアのお申し込みは9:00から15:00の間にお願いします。
代表email:sendaidsc@gmail.com
ボランティア受付用email:sdscvol@gmail.com

東日本大震災について

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

カテゴリー

アーカイブ

このサイトを検索

others

モバイルサイト

qrcode