「仙台教区サポートセンター」は、東日本大震災被災地域の復興支援活動のため、カリタスジャパンの支援を受け、カトリック仙台司教区によって設置されました。支援対象は教会や信徒に限定せず、社会全体を対象としています。

鶴見教会からのお便り

いつもご支援ありがとうございます。

カトリック鶴見教会の信徒さんから、お便りをいただきました。
以前、「街頭募金をするために、被災地の状況や支援活動の様子が分かる写真を送っていただけませんか」とご依頼をいただき、サポセンからいくつか写真をお送りしていたのです。

*****

このところ横浜でもようやく12月らしい寒さになってきました。
東北地方はいかがでしょうか。

さて、そちらから送っていただいた写真を使って、先週の日曜日(12月13日)に鶴見駅頭で、東日本大震災被災者救援募金を行いました。
当日はあいにくの冷たい雨でしたが、ボーイスカウト73団および教会学校の子どもたちの応援もあり、無事終えることができました。

11時から13時までの2時間実施の予定でしたが、雨が止みそうもなかったため、30分早く切り上げました。

昨年は晴天に恵まれ(というより、雨に降られた経験は今までなかったです)、20万円余という結果でした。
今年は30分短くなったうえ、雨天ということもあり、大幅に少なくなったのではと心配していましたが、15万円余集まりました。
募金してくださった方に感謝するとともに、写真の提供を快諾していただいたサポートセンターの皆様に深く感謝申しあげます。

いったん通り過ぎてからわざわざ戻って来て募金してくれた女子高生、教会学校やボーイスカウトの子どもたちの頭をなでながら募金してくれたおばあさん、
小さい子どもにお金を持たせて募金してくれるお母さん、
とにかくいろいろな方が募金してくださいました。
神に感謝です。

先日、カリタスジャパン本部事務局に「東北地方太平洋沖地震」と明記して送金しました。
いくらかでも被災された方々のためにお役に立てれば嬉しいです。

 
カトリック鶴見教会 松橋和行
 


*****

雨の中、大きな声で被災地支援を呼びかけてくださった鶴見教会、ボーイスカウトの皆様、そして足を止めてご寄付をくださった方々へこの場を借りて心より感謝申し上げます。お送りいただいたお金は、カリタスジャパンを通して私たちの活動のために使わせていただきます。

私たちの活動は全て、日本全国、そして世界中の方々からお寄せいただいた温かいお気持ちで成り立っています。
それをいつも忘れることなく、今後も活動を続けていかなければと思っています。





 



ボランティアについては
こちらをご覧下さい。


photo_g.jpg

リンク

ニュースレター

復興・支援活動ニュースレターこちら

お問い合わせ

仙台教区サポートセンター
センターへのアクセス
9:00から17:00まで
電話番号:022-797-6643; 090-1217-3233
FAX番号:022-797-6648
※ボランティアのお申し込みは9:00から15:00の間にお願いします。
代表email:sendaidsc@gmail.com
ボランティア受付用email:sdscvol@gmail.com

東日本大震災について

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

このサイトを検索

others

モバイルサイト

qrcode