「仙台教区サポートセンター」は、東日本大震災被災地域の復興支援活動のため、カリタスジャパンの支援を受け、カトリック仙台司教区によって設置されました。支援対象は教会や信徒に限定せず、社会全体を対象としています。

台風10号

いつもご支援ありがとうございます。

 

8月30日に東北地方に上陸した台風10号により、亡くなられた方、不安な思いで過ごされている方へ心よりお見舞い申し上げます。

 

カリタスベースには大きな被害はありませんでしたが、岩手県内各地で浸水の被害が出ており、カトリック久慈教会では1.5メートル床上浸水しました。宮古市内では、スーパー等は営業しておらず、泥かき作業に追われているとのこと。大槌町では川の近くにある仮設住宅で家財道具が水につかってしまったということでした。
町内外の泥かきや片付けのため沿岸部の各ベースがお手伝いに出ています。

ボランティアのニーズ、受け入れ状況は各自治体で常に変化しますので、現在のところ緊急のボランティア募集は行っていません。今後また情報が入りましたら、皆様にお知らせいたします。

 

お気づかいのご連絡をくださった皆様、本当にありがとうございます。

これからまだ台風の季節は続きますが、どうか皆様、日頃の備えを大切になさってください。




ボランティアについては
こちらをご覧下さい。


photo_g.jpg

リンク

ニュースレター

復興・支援活動ニュースレターこちら
4→6・45通信こちら

お問い合わせ

仙台教区サポートセンター
センターへのアクセス
9:00から17:00まで
電話番号:022-797-6643; 090-1217-3233
FAX番号:022-797-6648
※ボランティアのお申し込みは9:00から15:00の間にお願いします。
代表email:sendaidsc@gmail.com
ボランティア受付用email:sdscvol@gmail.com

東日本大震災について

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

このサイトを検索

others

モバイルサイト

qrcode