「仙台教区サポートセンター」は、東日本大震災被災地域の復興支援活動のため、カリタスジャパンの支援を受け、カトリック仙台司教区によって設置されました。支援対象は教会や信徒に限定せず、社会全体を対象としています。

高校生のボランティア体験記

いつもご支援ありがとうございます。

11月に入り、朝晩だいぶ冷え込む日も出てきました。

冷たい風に街路樹の葉っぱが舞っています落ち葉

 

そろそろクリスマス、冬休みに向けての話題も聞こえる頃ですが、高校生の夏のボランティア体験記、その3をお送りします。

 

*****

 

「被災地ボランティアで感じたこと」

 

今回、私は4泊5日で米川ベースの被災地ボランティアに行きました。
1日目、5日目は東京〜ベース間の移動で、1日中ボランティアをして過ごしたのは2日目、3日目、4日目でした。
2日目は佐々 木さんという漁師さんの元で、午前は浮きふについたフジツボなどをとる仕事で、午後は袋のシール貼りをしました。午前の仕事はとても力のいる仕事で、筋肉痛になりました。仕事の最中、 佐々木さんに3・11の話を伺いました。佐々木さんの漁港には20数mの津波がきて、避難所を超える津波だったそうですが、回避できたそうです。それでも、 津波に呑まれてしまった人もいたそうです。
シール貼りは根気のいる仕事で、6人で1500袋をやりました。
3日目は、 午前に長さんという漁師さんの元で昆布巻きをやり、午後は被災地見学でした。昆布巻きも根気のいる仕事で、昆布をしっかり伸ばし、 何重にも折りたたみ、それを結び、少し長くなったところを切るという仕事でした。長さんの話は興味深く、特に長さんのような昆布巻きの漁師さんはとても少ないという話は驚きました。
午後は様々なところをまわり、特に印象に残ったのは、大川小学校、防災庁舎の無惨な姿、高台から見た今の姿、写真で見る以前の姿に、改めて津波の恐ろしさを感じました。
4日目は漁師さんの元で牡蠣の殻を掃除する仕事で、その後、犬の散歩をしました。 殻の掃除も根気のいる仕事でしたが、途中小さな蟹が出て来たりしてリラックスしながら出来ました。その後、犬の散歩をしましたが、とても人懐っこくて、可愛かったです。
今回のボランティアでは、津波の恐ろしさ、東北の人の温かさを感じました。ボランティアでお世話になった皆さん、ありがとうございました。

(U.K)

ベースでの朝食

 

*****

 

震災発生当時、小学生だった若者たちが、6年経った現地を訪れ、さまざまなことを感じてくださったことと思います。

また機会があったら、ぜひ東北に足を運んでいただけますように!




ボランティアについては
こちらをご覧下さい。


photo_g.jpg

リンク

ニュースレター

復興・支援活動ニュースレターこちら
4→6・45通信こちら

お問い合わせ

仙台教区サポートセンター
センターへのアクセス
9:00から17:00まで
電話番号:022-797-6643; 090-1217-3233
FAX番号:022-797-6648
※ボランティアのお申し込みは9:00から15:00の間にお願いします。
代表email:sendaidsc@gmail.com
ボランティア受付用email:sdscvol@gmail.com

東日本大震災について

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

このサイトを検索

others

モバイルサイト

qrcode