「仙台教区サポートセンター」は、東日本大震災被災地域の復興支援活動のため、カリタスジャパンの支援を受け、カトリック仙台司教区によって設置されました。支援対象は教会や信徒に限定せず、社会全体を対象としています。

東日本大震災から7年が経ちました

東日本大震災から丸7年となった3月11日、仙台教区カテドラル元寺小路教会では、午後2時半から「3.11東日本大震災 犠牲者追悼・復興祈願ミサ」が行われました。

震災発生時刻の午後2時46分には鐘が鳴り、黙とうをささげました。

 

 

主司式は仙台教区の平賀徹夫司教、幸田和生東京教区補佐司教、神田裕神父(大阪教区)、森田直樹神父、ボルデュック エメ神父、小野寺洋一神父の共同司式でした。

 

 

幸田司教様の説教では、震災後に福島に関わり、一昨年から南相馬市で暮らす中で体験されたこと、感じておられることをお話しくださいました。震災から7年経った今も、心の復興にはまだ時間がかかること。大きな喪失を体験した人に必要なことは[enpowerment=有力化:その人の中に残っている力を引き出してのばすこと]と[reconnection=再結合:断ち切られた関係を取り戻していくこと] 。そして、7年経った今も原発事故は終わっていない。教皇フランシスコが「時間は空間に勝る」とおっしゃっているように、原発をやめるという目標に向かっていくことが大切、というメッセージに、皆、真剣に耳を傾けていました。

 

 

お天気が崩れることもなく、日曜日ということもあったのだと思いますが、300名近いご参加があり、大聖堂はいっぱいでした。多くの方々とともに祈ることができたこと、また、同じ時間に全国各地でも祈りをささげてくださった方々がたくさんいてくださったことに、心から感謝申し上げます。

 




ボランティアについては
こちらをご覧下さい。


photo_g.jpg

リンク

ニュースレター

復興・支援活動ニュースレターこちら

お問い合わせ

仙台教区サポートセンター
センターへのアクセス
9:00から17:00まで
電話番号:022-797-6643; 090-1217-3233
FAX番号:022-797-6648
※ボランティアのお申し込みは9:00から15:00の間にお願いします。
代表email:sendaidsc@gmail.com
ボランティア受付用email:sdscvol@gmail.com

東日本大震災について

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

カテゴリー

アーカイブ

このサイトを検索

others

モバイルサイト

qrcode