「仙台教区サポートセンター」は、東日本大震災被災地域の復興支援活動のため、カリタスジャパンの支援を受け、カトリック仙台司教区によって設置されました。支援対象は教会や信徒に限定せず、社会全体を対象としています。

被災地における補修工事

被災地ではいたるところで建物が損壊しています。比較的震災の被害が小さかった仙台市の中心部も例外ではありません。今日明日に倒壊する心配がある建物は少ないですが、大なり小なり修理の必要がある建物は沢山あります。
建築業者は大規模に損壊した建物の修理に追われており、とりあえず住むことが可能な建物の修理は中々始まりません。サポートセンター開設当時からスタッフをしているシスターが住む修道院は、明日ようやく補修工事が始まるそうです。とある教会は、秋にならないと補修工事が始まらず、クリスマスに聖堂が使えない可能性もあります。
震災当時はまだ冬でした。季節は移り変わり、次の冬のことが話題に上る時期になってきました。



ボランティアについては
こちらをご覧下さい。


photo_g.jpg

リンク

ニュースレター

復興・支援活動ニュースレターこちら

お問い合わせ

仙台教区サポートセンター
センターへのアクセス
9:00から17:00まで
電話番号:022-797-6643; 090-1217-3233
FAX番号:022-797-6648
※ボランティアのお申し込みは9:00から15:00の間にお願いします。
代表email:sendaidsc@gmail.com
ボランティア受付用email:sdscvol@gmail.com

東日本大震災について

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

このサイトを検索

others

モバイルサイト

qrcode