「仙台教区サポートセンター」は、東日本大震災被災地域の復興支援活動のため、カリタスジャパンの支援を受け、カトリック仙台司教区によって設置されました。支援対象は教会や信徒に限定せず、社会全体を対象としています。

石巻ベース4月活動分ボランティア受付中

いつもご支援ありがとうございます。

仙台は、少しずつ日差しの暖かさを感じられるようになってきました。

今年は今のところ大雪も降らず、うっすらと白くなる程度で、雪の少ない冬となりそうです雪

 

さて、お知らせが遅れていましたが2月16日より、石巻ベース4月活動分のボランティア受付を開始しています。

皆さまからのお申し込みをお待ちしています。

 

皆さまにお知らせです。

2015年4月より、石巻ベースでは日曜日を定休日とし、宿泊を原則的にお断りしてきましたが、この4月からは、ベーススタッフの負担軽減のため、土曜日の活動終了後の宿泊も不可とさせていただきます。

土曜日の日中の活動はこれまで通り行いますので、ぜひご参加ください。

今後も多くのボランティアさんと長く活動を続けていけるように、ベース、サポセンで協力していきます。

どうぞ皆様のご理解をいただきますようお願いいたします。

 


石巻ベース2月活動分ボランティア受付開始

いつもご支援ありがとうございます。

 

12月も早いもので半ばとなり、クリスマス、新年に向けて慌ただしい毎日をお過ごしの方も多いことと思います。

寒さも日に日に増す中、あちこちでイルミネーションの明かりがきらめいています。

仙台市中心部では、大みそかまで「光のページェント」が行われています。

 

 

宮城県沿岸部では、東松島市の野蒜駅前や女川町の女川駅前、石巻市のサン・ファン館などで、工夫を凝らしたイルミネーションやライトアップが行われています。

明かりと人のにぎわいで、地域の方が街の復興を実感する機会にもなっているようです。

お近くにお越しの方はぜひお立ち寄りください。

 

さて、本日12月16日より、石巻ベースの2017年2月活動分の申し込み受け付けを開始しました。

一年で一番寒い季節ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

お申し込みはこちらから!

 

 


11月22日福島沖の地震

いつもご支援ありがとうございます。

 

11月22日午前5時59分頃、福島県沖で発生した地震とその後の津波で、ご心配くださった方も多いことと思います。

被害に遭われた方へお見舞い申し上げます。

 

各カリタスベースには被害はありませんでしたが、当日の様子についてお知らせします。

 

岩手県

○宮古ベース…当日の活動は中止。当日、八戸経由で宮古入りする予定だったボランティアが久慈市で足止めされた。

○大槌ベース…ボランティアは前日に帰っていた。当日の活動は中止。低い地域に住んでいるスタッフは町の避難所へ避難。

○カリタス釜石…釜石への津波到達は30センチほど。ボランティア1名、ふぃりあにて活動。

○大船渡ベース…ボランティアはいなかった。スタッフは避難情報が解除されるまで、大船渡教会へ避難。

 

宮城県

○米川ベース…南三陸町での活動は中止。

○石巻ベース…避難指示が出され、石巻教会へ一時避難。東松島市でのお茶会は中止。オープンスペースのみ活動。

 

福島県

○原町ベース…南相馬市全域に避難指示が出された。異常なく、通常通り活動。

○もみの木…ちょうどカフェはお休みの週で、ベースには誰もいなかった。

 

仙台市では、海に近い高速道路のICが封鎖されたり、電車が止まったりということはありましたが、街中は落ち着いた様子でした。

それでも、余震が続いていますので、備えは常にしておかなくてはと改めて感じています。

 

 

 

 

 


カリタスTシャツ頒布終了について

仙台教区サポートセンターではこれまでカリタスTシャツの頒布を行ってきましたが、この度ほぼ全ての在庫が無くなったため、頒布を終了させていただくことになりました。最近は注文も殆どなくなっていましたが、ボランティアに来られる方は今もこのTシャツをよく着てくださっています。お求めくださった皆さま、丈夫な生地ですのでぜひ長くご利用ください!


サポートセンター休業のお知らせ

いつもご支援ありがとうございます。

 

仙台教区サポートセンターは、

10月22日(土)・28日(金)、会議のため通常の業務をお休みいたします。

ボランティアに関する問い合わせやお申込みにつきましては、翌日以降の対応とさせていただきますのでどうぞご了承ください。

 

 


12月活動分ボランティア受付

いつもご支援ありがとうございます。

つい最近まで半そでを着ていたのが嘘のように、朝晩だいぶ冷え込むようになってきました。

 

10月16日(日)から、石巻ベース12月活動分のボランティア受付を開始します。

年末の受け入れは、12月22日(木)夕方ご出発までとさせていただきます。

 

石巻ベースでの活動申し込みは、こちらから!

 

皆さまからのお申し込みをお待ちしています。

10月、11月分の活動についても、引き続き申し込みを受け付けています。

 


カリタス米川ベース移管について

東日本大震災被災地へ思いを寄せてくださる皆さま、いつも本当にありがとうございます。

2016年10月1日をもって、カトリック仙台司教区は、南三陸町で活動を行っているカリタス米川ベースの運営を、カトリック大阪教会管区に移管しました。2011年4月30日の開設以来、国内外から多くのボランティアさんが訪れ、活動に加わってくださいました。活動にご参加くださった皆さま、ベース運営に力を貸してくださった皆さまに、心より感謝申し上げます。

米川ベースは、今後も、南三陸町を中心に活動を続けていきますので、変わらぬご支援をいただけますようお願い申し上げます。

 

 

 

仙台教区サポートセンター センター長

平賀徹夫

 


台風10号

いつもご支援ありがとうございます。

 

8月30日に東北地方に上陸した台風10号により、亡くなられた方、不安な思いで過ごされている方へ心よりお見舞い申し上げます。

 

カリタスベースには大きな被害はありませんでしたが、岩手県内各地で浸水の被害が出ており、カトリック久慈教会では1.5メートル床上浸水しました。宮古市内では、スーパー等は営業しておらず、泥かき作業に追われているとのこと。大槌町では川の近くにある仮設住宅で家財道具が水につかってしまったということでした。
町内外の泥かきや片付けのため沿岸部の各ベースがお手伝いに出ています。

ボランティアのニーズ、受け入れ状況は各自治体で常に変化しますので、現在のところ緊急のボランティア募集は行っていません。今後また情報が入りましたら、皆様にお知らせいたします。

 

お気づかいのご連絡をくださった皆様、本当にありがとうございます。

これからまだ台風の季節は続きますが、どうか皆様、日頃の備えを大切になさってください。


ヨセフ古木眞理一神父様ご逝去を悼んで

いつもご支援ありがとうございます。

東日本大震災復興支援のため、大変精力的にご活躍されたサレジオ会の古木眞理一神父様が、6月8日にお亡くなりになりました。
心よりご冥福をお祈りいたします。


*****


この6月9日、朝9時過ぎ、携帯電話に届いたのは古木神父様の訃報でした。えっ、いつ? と聞くと、夕べのことらしい、との答えでした。

3か月前の3月に長崎へ行ったとき、古木師は入院治療中と聞いたので、では仙台に帰る前に必ず寄ろうと決め、研修会を終えた3月5日の午後、長崎大学病院に師をお見舞いしたのでした。そのときは随分とお元気そうで、「高見大司教さんも、おぉ、元気そうじゃないか、だったら早く幼稚園の方の手伝いをしてもらえたら有難いなぁ、なんて言われたんですよ」などおっしゃり、「退院したらまた仙台教区にも行きたい」ということで、それは実現不可能なことではないと見えたのでした。

古木師には東日本大震災発生直後から本当にお世話になりました。長崎教会管区が設置してくださったカリタス大槌ベースの責任者として3年ほどにもなるでしょうか、その間、長崎と大槌間の運転、片道1泊2日で何回往復されたのでしょう。サポート会議をはじめ、頻繁に開かれる会議等への出席、現場では被災地をこまめに回ったり、行政の方たちとの折衝や話し合い、被災された方々のために九州フェアを催したりと、復興支援活動を文字通り先頭に立ってお働きくださいました。
あるとき、ベースでの活動に関して、「わたしたちは単なる人道支援の活動をしているのではない。イエス様の心をもって働き、それが現われるような、伝わっていくような働きとなるようにいつも心がけなくちゃ」と言われました。そうだそうだ、と思ったことでした。

66歳とのことです。早すぎます。でも致し方ありません。今は、ご復活のイエスさまと固く結ばれ、地上の生のあいだ信じ、希望し通した永遠のいのちの喜びを楽しむ恵みが、豊かに与えられますようにとお祈りいたします。
 
仙台教区司教
マルチノ平賀徹夫


2013年3月 仙台での全ベース会議 当時の各ベースのスタッフと

*****


古木神父様のお通夜およびご葬儀の予定は下記の通りです。

◆通夜 2016年6月10日(金)19時 
    カトリック浦上教会 信徒会館(長崎市)

◆葬儀 2016年6月11日(土)11時 
    カトリック浦上教会
 

7月分・夏休みボランティア受付の日程について

いつもご支援ありがとうございます。

仙台は昼間は夏のような日差し、陽がかげると上着なしでは寒いような日が続いています。
街路樹の緑が日に日に濃くなり、外を歩くのに良い季節です木木木
ボランティアにいらっしゃる方は、脱ぎ着しやすい上着があると良いかと思います。


さて、通常ですと本日16日から翌々月のボランティア受付を開始していますが、
7月の個人ボランティア、夏休みの団体受付について現在調整をしており、受付開始日を遅らせることといたしました。
既にお申し込み・問合せをしてくださった方には大変申し訳ございません。
受付開始日と、夏休みの団体受付の内容につきましては決まり次第こちらのブログでお知らせをいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
 



ボランティアについては
こちらをご覧下さい。


photo_g.jpg

リンク

ニュースレター

復興・支援活動ニュースレターこちら

お問い合わせ

仙台教区サポートセンター
センターへのアクセス
9:00から17:00まで
電話番号:022-797-6643; 090-1217-3233
FAX番号:022-797-6648
※ボランティアのお申し込みは9:00から15:00の間にお願いします。
代表email:sendaidsc@gmail.com
ボランティア受付用email:sdscvol@gmail.com

東日本大震災について

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

カテゴリー

アーカイブ

このサイトを検索

others

モバイルサイト

qrcode