「仙台教区サポートセンター」は、東日本大震災被災地域の復興支援活動のため、カリタスジャパンの支援を受け、カトリック仙台司教区によって設置されました。支援対象は教会や信徒に限定せず、社会全体を対象としています。

8月29日(木)午後11時 NHKをお見逃しなく!


お盆休み期間中も、大勢のボランティアの皆さんが活動に参加してくださいました。ありがとうございます。

米川(南三陸)ベースでは農業支援として、南三陸で、津波にあい更地となった、もと住宅地を農地に再生するための瓦礫撤去作業も行っています。

今まで埋もれたまま、手つかずだった土地からは、食器などの生活用品から、漁業用の網、トラクターなどの大きなものまで、たくさんのものが掘り出されています。

先日、その活動の様子をNHKが取材に来ました。8月29日午後11時から、Eテレで放送予定です。

被災地の様子やボランティアさんたちの活動を、どうぞ皆さまもご覧ください。



≫≫ 米川(南三陸)ベースブログはこちら



【募集】10月のボランティア受け付け開始


夏休み期間中の活動について、多数のお問い合わせやお申し込みをいただきました。現在、たくさんのボランティアさんが活動してくださっています。ありがとうございます。
 
8月16日より、10月のボランティア受け付けを開始いたしました。

さわやかな秋空の下、ボランティア活動に参加しませんか?
10月は大学の夏休みも終わり、ボランティアの減少する時期でもあります。ぜひ、活動へのご協力をお願いいたします。

引き続き、8月中と9月のボランティアお申し込みも受け付けております。
活動期間が朝から夕方までの一日でも参加できますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

みなさまのお申し込みをお待ちしています!


≫≫ ボランティア・お申し込みについてはこちらをご覧ください。



【募集】9月のボランティア受け付け開始

 

暑さの厳しい季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

いつも仙台教区サポートセンターの活動にご協力いただき、ありがとうございます。

7月16日より、9月のボランティア受け付けを開始いたします。

引き続き、7月中と8月のボランティアお申し込みも受け付けております。
現在、8月は、8月16日以降が比較的お入りいただきやすい状況となっております。

活動期間が朝から夕方までの一日でも参加できますので、どうぞお気軽にお問い合せ下さい。

みなさまのお申し込みをお待ちしています!


≫≫ ボランティアについてはこちらをご覧ください



ボランティアお申し込みページのリニューアル


いつも仙台教区サポートセンターの活動にご協力いただき、ありがとうございます。このたび、当ブログのボランティアへのお申し込みに関するお知らせのページを、リニューアルいたしました。

このブログをご覧くださる皆様に、よりわかりやすくご利用いただけるように願っております。


◆ボランティア募集はこちら

◆ボランティアお申し込みに関しての注意事項とお願いはこちら

◆石巻、米川(南三陸)ベースについてはこちら

◆ボランティアお申し込み方法はこちら

◆カリタスボランティアベースについてはこちら

◆ボランティア保険についてはこちら



【お知らせ】夏休み期間の学校・団体ボランティア受け付けについて



7月中旬から夏休みが始まります。仙台教区サポートセンターでは、7月13日から8月31日までを、「夏休み期間」と設定し、この期間の学校・団体様からのお申し込みは以下のように受け付けることといたしました。なお、サポセンは夏休み期間も通常どおり、受け付けをしております。7月分のお申し込みは5 月16日から、8月分のお申し込みは6月16日からとなります。ボランティアに参加する皆様のより良い活動のために、ご協力よろしくお願いいたします。

また、石巻ベースでは夏休み期間の団体受け入れはいたしませんので、米川ベースのみの受け付けとなります。カリタス釜石での活動をご希望の場合は、直接、カリタス釜石へのお申し込みをお願いいたします。

○参加資格高校生・専門学校生以上で、心身共に健康であること。強制参加ではなく、自発的に参加を希望される方であること。なお、中学生の参加は受け付けません

※未成年者の方は保護者の同意書を提出していただくことになっております。
(欷郤圓諒のお名前、捺印、活動期間が間違いなく記載してあるかご確認ください。
▲灰圈爾靴燭發里鮨醜書と一緒にサポセンまでお送り下さい。
8極椶髻活動当日必ずベースへご持参ください。
  同意書がない場合、活動に参加できない場合があります。



○参加人数
★高校生・専門学校生の団体★
1校5名の生徒と1名の引率者、計6名までを上限とします。引率者は引率業務に専念して下さるようお願いいたします。
大学生以上の団体★
10名を上限とします。ただし、必ずしも同じベースで活動できるとは限らず、お申し込み状況によっては、人数を分けて他のカリタスベースをご案内させていただく事もございますのでご了承下さい。


○参加期間:最短で朝から夕まで通して活動可能な日が丸3日間あること、最長で6泊7日とします。

○保険:ご出発の前に必ずお近くの社会福祉協議会でボランティア保険にご加入いただくようお願いします。加入していない場合、ボランティア活動に参加できない場合があります。また、3月末日をもって昨年度加入の保険の有効期限が切れておりますので、今年度まだボランティア保険にご加入されていない場合には、再度加入して頂くようお願いいたします。

「ボランティア募集」のページにボランティア募集に関する詳細が書かれています。このページと合わせてお読み下さるようお願いいたします。

ご不明な点はお気軽に仙台教区サポートセンターまでお問い合わせください。



カリタス釜石からのお知らせ 



 このたび、カリタス釜石より以下の「入会金振替口座訂正のお願い」がまいりましたのでご連絡いたします。

*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*

みなさま

日頃は、当法人の活動をあたたかく見守り、またご協力いただきまして
誠にありがとうございます。

今年の3月31日までにボランティアにお越しいただいた方、また募金や
支援金をお送りいただいた皆様に、当法人のニュースレター「Good News」を
お送りさせていただきましたが、お手元に届きましたでしょうか?

ここで、訂正がございます。
「Good News」に同封させていただきました会員ご加入用郵便振替用紙の
口座番号が間違っておりました。

(誤)00210−8−135666
    ↓
(正)02210−8−135666



大変申し訳ございませんが、振替用紙の番号を訂正のうえ、
ご使用いただきますようよろしくお願いします。

ご不明な点、また、「Good News」が、まだお手元に届いていない方が
いらっしゃいましたら、
電話:0193-27-9030 またはMail: kamaishi311@gmail.com
へご連絡くださいますようお願い申し上げます。

カリタス釜石 事務局



サポートセンター事務局長交代 〜成井神父から小野寺神父へ〜


仙台教区サポートセンターは、2011316日に立ち上げられました。

311日の東日本大震災によって、仙台教区が被った被害と衝撃は莫大なものであり、仙台教区サポートセンターは、その5日後、カリタスジャパンの尽力によって開設されました。その初代事務局長が成井大介神父でした。

      

         


成井神父は、当時、カリタスジャパンの援助部門担当秘書でしたが、名古屋からレンタカーで東京、新潟、山形経由でやっと震災直後の仙台に到着しました。

それから、丸2年。次々とベースを立ち上げ、全国から何とか救援のために自分の力をつかってほしいと願うボランティアの方々を受け入れてきました。

ベース長の選任、スタッフ探し、それに加えて、日々持ち上がる種々の問題に対処し、日本中、また、海外からの取材に応じ、文字通り、八面六臂の大活躍でした。

 

その成井神父が331日をもって退任。引き継ぎのため、48日まで仙台にいてくださいました。

     

後任は、仙台教区の司教総代理を務めている小野寺洋一神父です。

現在、県南4教会と、併設幼稚園の園長とを兼任のため、週2日、事務所での仕事をこなす予定です。


     



     皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。


NPO法人カリタス釜石設立!

4月1日、仙台教区サポートセンターカリタス釜石ベースは、NPO法人カリタス釜石として新たなスタートを切りました。

これまで通り、地元に密着した復興支援活動を全国からのボランティアさんとともに続けて行きます。どうか、これからも皆様のご支援をよろしくお願いします。


4月2日、法人化を記念してサンドイッチパーティーが開かれました!

リンク:
カリタス釜石ホームページ
カリタス釜石ブログ
カリタス釜石Facebook

ボランティア保険の更新について

東北も少しずつ暖かくなってきております。同時に年度末が近づいておりますが、3月31日をもちまして、2012年度中に皆様が加入されたボランティア保険は、保険期間が終了します。

そのため、2013年4月1日以降に当方でのボランティア活動をご希望の方は、必ず地元の社会福祉協議会でボランティア保険(天災タイプ)に加入してからお出かけ下さい。ボランティア活動先で加入しますと、現地の社協、支援団体に迷惑をかけることになります。どうぞよろしくお願いします。

電話とファックス番号の変更

このたび、仙台教区サポートセンターは電話番号、ファックス番号を以下のように変更いたしました。

電話番号:022-797-6643;090-1217-3233
ファックス番号:022-797-6648

ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。



ボランティアについては
こちらをご覧下さい。


photo_g.jpg

リンク

ニュースレター

復興・支援活動ニュースレターこちら

お問い合わせ

仙台教区サポートセンター
センターへのアクセス
9:00から17:00まで
電話番号:022-797-6643; 090-1217-3233
FAX番号:022-797-6648
※ボランティアのお申し込みは9:00から15:00の間にお願いします。
代表email:sendaidsc@gmail.com
ボランティア受付用email:sdscvol@gmail.com

東日本大震災について

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

このサイトを検索

others

モバイルサイト

qrcode